このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

Cafe883(ぱぱさん)〜つながりを生むカフェで柔らかいお肉を〜(2020年1月3日掲載)

更新日:2020年1月9日

取材日:2019年12月12日

担当者:産業振興課 中村

Cafe883(カフェぱぱさん)

東京スカイツリーから徒歩2分。
鮮やかなオレンジ色の店が目を引きます。
立て看板には「ハンドドリップコーヒーと真空低温調理のお店」との言葉が。
真空低温調理とは何なのでしょうか?
今回はCafe883を切り盛りするご夫婦、折元良道さん、智子さんにお話を伺いました。
お互いをパパさん、ママさんと呼び合う仲睦まじいご夫婦です。

地域密着型のカフェ

お店を開店した経緯を教えてください。

50歳を越えたあたりから定年後どう生きて行くか?を考え始めていて、色々なセミナーに参加してみたり夫婦で話し合ったりしていましたが、定年直前の生活状況や通っていたCAFEの専門学校卒業、空き店舗が見つかる等、全てのタイミングが重なり今かな?と思い、会社を早期退職して2016年6月23日にCAFEを開業する事になりました。

墨田区に出店した理由はありますか?

前職の2回目の単身赴任時に住んでいたのが向島で、初めて住んだのに懐かしい感じがしました。下町の雰囲気、三丁目の夕日のような町なみに惹かれました!
何年も探して見つからなかったのに、たまたま散歩中に空き店舗だったこの場所を通り、すぐにここで店をだそうと決めました。
9坪弱で15席。はじめは面積が小さいかな〜と思ったんだけど、実際働いてみると十分でしたね!
二人で切り盛りするのにちょうど良い広さだと思います。

店名の由来は何ですか?

「パパさん、ママさん」のパパさんと、乗っているバイクの愛称:パパサン(ハーレーダビッドソン XL883R)から名付けました。
店名はお店のコンセプトや内容より先に決めてしまいました(笑)

お店のこだわりを教えてください。

(1)外装・内装

ビビッドオレンジの外壁と白枠はヴェネツィア・ブラーノ島の街並みをイメージしました。オレンジってすごく元気がでる色だと思うんですよ、Cafe883のイメージカラーです!

※気になる方はぜひ、『ブラーノ島』と検索してみてください。カラフルで素敵な場所です。

備品は自分たちで探しました。
イスや机、ランプ…すべてこだわりです。

店舗の外観

(2)コミュニティの場

お店を出すにあたって、食べに来てくれる「お客さんへの恩返し」が出来るお店にしたかったんです。日頃からお客さんに対して何ができるのか考えています。
例えば、私(ママさん)は保育士をしていたので、子育て世代の手助けができたらいいな〜と思っていました。
ベビーカーでいらした場合は入口の段差は皆で持ち上げ、椅子を移動しスペースを用意して…子ども用にプラスチック容器を買い揃えたりクッションを用意するようになりましたね。現在は多くの方に来ていただき、子どもや保護者の方がくつろげる場所にもなっています。保育園帰りに親子で寄ってくれることもありますよ。
パパさんは道端で子どもに「あ、パパさんだ!」って話しかけられることもあります。(笑)
※障がいを持った方が車いすなどでいらした場合もスペースを作り、対応しているそうです。

(3)調理法

真空低温調理とハンドドリップコーヒーにこだわりがあります。

真空低温調理とはどんな調理法ですか?

煮る・焼く・蒸すに次ぐ第四の調理法です。
真空にすることで少ない調味料で内部まで味が浸透し、栄養が逃げず、おいしさもとどめることができます。
また、高温で焼かないのでとても柔らかいんです。うちは「真空包装機」と「スチームコンベクションオーブン」を使用しているので、安全な真空低温調理のメニューを提供できるんです。
時間はかかりますが、美味しいお肉料理を提供したいので頑張っています!

ハンドドリップコーヒーのこだわりを教えてください。

豆は千葉県の先輩のところから仕入れています。こだわって豆を焼いているところです。
ドリップはゴールドフィルター(メッシュのフィルター)を使って、手で淹れています。お昼は特にバタバタしているので機械にしようかな〜とも考えたんですけど、やっぱりハンドドリップのコーヒーが美味しいんですよね。大変ですけどハンドドリップで頑張りたいです!

(4)墨田区内で完結させること

お店の施工や備品、食材の調達など、なるべく墨田区内の事業者さんに頼むようにしています。
お米やお酒はまちの小売店で、ランプは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。後藤照明(外部サイト)様が製造されているウォールライトを購入(設置)する事にしました。

「つながり」をつくりだすカフェ

Cafe883では、すみだ食堂や、講座(英会話レッスン・3色パステルアート)への場所提供など、他の活動との連携を積極的に行っています。

これらの活動を始めたきっかけは何ですか?

English Lesson

外国のお客様に英語で接客したいと考えていましたが、英会話を習う時間がなかなかとれませんでした。そんな時、たまたま食事に来店された英会話の先生が、この場所で英会話教室を開くことを提案してくれたんです。私たちも生徒として参加していますよ!
教科書で学ぶ英語というより、日常で使える実践的な英会話を学んでいます。
今まで金曜日クラスしかなかったのですが、平日働いてる方も来られるように、12月から土曜日クラスを追加いたしました。

すみだ食堂

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。すみだ食堂(外部サイト)は今年加盟し、3月から活動しています。ひとりでご飯を食べる子供や、ひとり暮らしの高齢者、住民の方に「みんなで食べるごはんの場」を提供して、昔のご近所付き合いのような「つながり」がこの場所で出来るといいなと思っています。
実際やってみると意外な声を聴くこともあります。例えば、お母さんお父さんが「今日は家の献立を考えなくていい」という理由で利用することがありますね。子育てで忙しい日々の手助けにもなっているんだな、と思いました。

3色パステルアート教室

今年の10月から始めた講座です。常連客のパステルアートの先生が、教室の場所を探していると言っていたので、「この場所でやったらどうですか?」と声をかけました。現在までで2回開催し、来年の1月に3回目の教室が開かれます。皆さんあまりにも黙々と描くのでこの教室は盛り上がるのか?心配してたんです。
だけど終わった瞬間皆「楽しかったぁ〜」って、ガヤガヤお話し始めて…そのままうちでお昼を食べて帰るんです。
3色しか使わないのに皆さん全然違う作品が出来上がるんですよ!

*お申し込みは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Cafe883公式ホームページ(外部サイト)からどうぞ!

やりがいを感じる、また大変さを感じるのはどんなときですか。

やっぱり当初から掲げていた「お客様への恩返し」が出来てるんじゃないかと実感するときですね。Cafe883を通じて人の役にたてたことがとても嬉しいんです。
大変さを感じるのは…体力ですね。(笑)なかなか睡眠時間もとれなくて…。

今後の活動展望、告知などありましたらお願いいたします。

1月に第3回3色パステルアート教室を開催します!
また、「夜BAL」にも力をいれています。
夜のおつまみメニューもたくさんありますよ〜

※コース料理、飲み放題、6名以上なら貸し切りも可能だそうです。(14名様迄)
まずは一度Cafe883にご相談ください。

どんなお客様が多いですか。

99%近隣の会社にお勤めの方や近所に住む方ですね。
スカイツリーからほど近い立地でも、スカイツリー内で完結するのか観光のお客様のご来店は少ないですね。

一番人気のメニューはどれですか?

ポークジンジャーです。初めて来られるお客様の殆どの方にご注文いただきます。
仕込みの時間から計算すると、トータルで2時間かかるんです!真空低温調理法は手間暇かかる分、値段も上がってしまうのですが、うちは普通の値段でご提供しています。サラリーマンの方にもボリューミーなごはんを食べてもらいたくて、途中からお肉を2枚にしました。ごはんも1杯おかわり無料にしてから男性のお客様が増えました。

※「ポークジンジャー」はすみだモダン2018認証メニューです!
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(すみだ地域ブランド戦略ホームページ)(外部サイト)

おすすめメニュー

親しみやすく元気いっぱいのパパさんとママさん。お二人とお話ししたくていらっしゃるお客さんもたくさんいるそうです。
また、墨田区のこの土地に来て「人とのつながりが出来たことが一番の財産」だとおっしゃっていました。
ご近所づきあいが希薄化しているといわれる中で、地域のつながりを生み出している素晴らしい場所だと思いました。お話しを聞く中で感じたのはお客さまとの関係から生まれる縁です。Cafe883で行っている講座も、常連さんから贈られたという店内の装飾品も、お客様とのつながりが形になったものだと思います。お二人がお客様のためにしている細かな気遣いや心配りがお客様にしっかりと伝わっているのだと思いました。
折元良道さん、智子さん、お忙しい中取材を受けていただきありがとうございました。
皆様もぜひ、真空低温調理メニューを食べに訪れてみてください◎

店舗情報

Cafe883(ぱぱさん)
 住所:東京都墨田区押上2-5-4
 (東武線とうきょうスカイツリー駅より徒歩2分)
 電話:03-6658-5673
 営業時間:
  火曜日から土曜日:昼…12時から14時まで 夜…17時から23時まで(祝日を含む)
  日曜日:12時から19時まで
  第2日曜日:12時20分から19時まで
  ※貸切等の状況により営業時間が変更となる場合がございます。
 定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合も休業致します)その他臨時休業あり。

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

職員取材日記

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで