このページの先頭です
このページの本文へ移動
  1. 現在のページ
  2. トップページ
  3. 区政
  4. 区長の部屋
  5. 区長写真日記
  6. 令和3年10月
本文ここから

令和3年10月

ページID:695992797

更新日:2021年11月16日

中学生区議会の中学生議員から表敬訪問を受けました(令和3年10月18日)

錦糸中学校の代表生徒との写真

懇談の様子


 10月18日(月曜日)、中学生区議会の今年度の議長校となる錦糸中学校の代表生徒から、表敬訪問を受けました。
 最初は緊張しているように見受けられましたが、お話しをしている中で次第に笑顔も見られ、とても頼もしく感じられました。
 12月の中学生区議会の本番でまた皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

墨田区ゆかりのオリンピアン 横田 葵子さんから現役引退の報告を受けました(令和3年10月8日)

横田さんとの写真

横田さんとの懇談の様子


 2014年に新体操日本ナショナル選抜団体チーム「フェアリージャパン」のメンバーとなり、約8年間新体操日本代表として活躍された、墨田区ゆかりのアスリート 横田 葵子さんが、現役を引退されたことの報告にいらっしゃいました。
 横田さんは、墨田区内の区立小中学校(両国小・両国中)を卒業し、現在も墨田区に在住されています。2014年に「フェアリージャパン」のメンバーとなり、2016年にはリオオリンピックに出場し8位入賞、そのほかにも国際大会で活躍し、2019年の世界選手権では団体総合銀メダルを獲得、墨田区民スポーツ栄誉賞を受賞されるなど、数々の輝かしい成績を収められています。
 横田さんからは、「これまでたくさんの応援をありがとうございました。オリンピックまでやり切ったという思いがあり、現役引退を決意しました。これからはケガの治療やリハビリ、クラブチームへの指導を行いながら、所属している会社で頑張って働いていきます。」と、区の応援への感謝とご自身の今後についてお話をいただきました。
 大会直前のケガにより東京2020大会に出場できなかったことは残念ですが、これまで本当によく頑張っていただきました。これからの新たな夢と希望に向けて、葵子さんらしく明るく元気に頑張ってほしいです。これまで以上のご活躍をお祈りしています。

すみだゼロカーボンシティ2050宣言(令和3年10月5日)

宣言書を掲げている様子

 10月5日(火曜日)、木内 清 墨田区議会議長とともに、「すみだゼロカーボンシティ2050宣言」を表明しました。
 令和3年5月27日に「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定された本区は、地球温暖化を防ぐための行動を加速していくため、この宣言を行い、区民・事業者・区が協働により、2050年に二酸化炭素排出実質ゼロを目指します。
 区では今後、区民の方目線で実践可能な取組の普及や環境教育の取組みを強化するとともに、区内事業所のひとつである区役所としても環境に配慮した取組を率先して進めるなど、脱炭素社会に向けたまちづくりを推進していきます。

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。